FAQ 早漏|早漏で困っています。薬なし・薬を使わない・ゆどう術の自律神経活性療法で回復します
         
                                          早漏|早漏で困っています。薬なし・薬を使わない・ゆどう術の自律神経活性療法で回復します。にお答えします。Q&A
          

TOPへ戻る

 
ブログへ戻る
         
 早漏  早く射精してしまう は、どこが悪いのでしょうか?





    早漏  早く射精してしまう・・・は

  薬なし・薬を使わない・ゆどう術ー自律神経活性療法ーで早期に回復しています。   同時に、伴う苦しい状態も回復します。
       
  自律神経を刺激して改善してゆく、自律神経活性療法のゆどう術、で副作用無く、  従来あなたが受けている方法よりはるかに速いのです。

  相談は無料ですから、まずは電話相談してみてください。  
     
  自律神経を刺激して緊張を取ると、自律神経が緩み、あなたが何も努力をすることなく回復してゆきます。  「自律神経活性療法のゆどう術」 では副作用が無いのです。

  「自律神経活性療法」は従来あなたが受けている方法よりはるかに速いのです。  相談は無料ですから、まずは電話相談してみてください。  

  主に原因はー自律神経の緊張ーにあるのです。


戻る


 
早漏  早く射精してしまう  の回復実績は

 こちら
をご覧ください→
251例快復l記録集 約1000頁 富永修侃著 



早漏・・・3か月
自宅施療で回復・・・23歳の男性

薬で治らないものは病気でないという考え方が日本にはある。ながい間くすりを飲んだが治らない結果、心の病や自律神経失調症は気のせいか、気の持ち方が悪いのか、あるいは霊が付いたのかそういう表現になる。そうすると薬以外の健康法で治そうとする。

薬を使わない治療法というのが一般に知られていないからである。…体の状態は、とにかく疲れるので何もできない。ひどくイライラするので生徒さんをどなりつけたり、自分の婚約者ともうまくいかない、じっとしておれない…、手足が冷えて…、心臓が痛くドキドキする。性生活では早漏気味であって満足にできない

こころの状態は、疲れやすい…、死にたいと思う。酷いイライラがあって…。じっとしておれない…。無性に何の理由もなく腹が立つ。人が多いところには出たくない。不安や恐怖が訳もなく湧いてくる。物事に集中することができない。人目が気になって…外にも出ることができない。考えがまとまらない…。

治療は大阪からであるが、最初五、六回通ってきていただいた。その時点で一段落し、ホット落ち着いた気分になり、イライラも治まってきた。…四カ月程たってひょっこりお出でになった。顔は丸くなり、ごつごつした骸骨に皮を被せたような顔はどこへいったのかまったくの好男子。体重も増えふっくらとなり、人生に自信が出来たという…

妻も、病気が治り、二人で幸せになったと非常に感謝をされた。(不感症も治ってしまった)この方の状態は小学校のとき酷い喘息。高学年頃からじっとしておれない、イライラする。中学のときじっとしておれず死にたいと思う。高校になって具合がわるくて登校拒否をした。友人ができない、対人恐怖ということである。勉強ができない、死にたい、訳も無く不安になる。 つまり、一員校のときから今の症状は軽い状態から発生をしていた。それが四年たった二十二、三歳のとき、もうゆきずまってしまったわけである。
よくわかる心の病428頁



早漏の仕組み・・・
早漏は本来の姿
大脳皮質が行う人間の性交には早漏という言葉があるが、自律神経が行う交尾には該当する言葉はない。
交尾は快感もないし、速いも遅いも射精には関係はない。早いほどよい。メスの体内に精液を注入すればいいのであって、

敵から襲われる心配がある動物にとっては、できるだけ早く射精を済ませた方がいいわけである。
昔は牛、馬、豚も自然交尾で人口授精はあまり普及していなかった。田舎ではメスを連れてきて種つけをする現場をよく見かけたものである。

オスが体勢を取り、人間が挿入の手伝いをして三、四回体を動かしただけで、すでに射精は完了している。人間にしても、二、三回体を動かしただけで射精したからといって、別に異状ではない。ただ、
性交には楽しみを持続させたいという欲望があり、女性が満足するまで挿入を継続できていることができずに射精を終えてしまうことに問題がある。

これは人間の性交が生殖でも何でもなく、もともとコミュニケーションの役割をになっていることに外ならない。

早漏といっても健康・精神ともに良好なら、二十五歳くらいまでは何度でも射精することは可能である。射精が終わって十分ほどすればまた勃起し、射精する。

こうして時間を置けば何回でも繰り返し射精することができるのである。精液は前立腺や他の分泌腺から分泌される弱酸性の液体であり、精液に含まれる精子の数は減っても何度でも分泌され、射精には支障ない。だから、何回も射精できるなら、早漏であっても別にかまわないわけである。

しかし、若いうちはいいとしても、年と共に体力や精力も弱まり、性交も一回でお終りになる。どうしても長く持たせなければならない。
日本人の正しい性生活と悩み治療413頁



 書籍は、機種によりダウンロードに約90秒かかることがあります。




  

 ●私が、薬なしゆどう術・施療します
 ●私が、薬なしゆどう術・通信講座の指導します


WIKI  書籍       発明品介護車椅子・浴槽






戻るTOP   地図   関連1   関連2   関連3   関連4   関連5   関連6



 
    電話ご相談 045-758-2376 
相談受付・予約:朝10時~夕3時 月・火・水・木・金・土  休み:日・祝 
 
     直通ご遠慮なく  070-6673-5056
 相談受付・予約:朝10時~夕3時 月・火・水・木・金・土  休み:日・祝

 
 予約・相談・問い合わせ メールこちらへ(ジェイエイ6ビーキューアイ@) 

ja6bqi@softbank.ne.jp     

写真含む相談・問い合わせパソコンメール 
こちらへ me-ru@ekigururi.com (出張中は見られませんので返事が遅れることがあります)
                  



                   
     
薬なしゆどう術地図   


    TOPへ戻る
                      


 プライバシーポリシー   通信販売法に基づく表示    サイトマップ 

 
  お知らせ 入居していました 千代田ビルの立替工事が完了しましたが居住用となったため、新事務所を求め中です。

  現在「仮施療所」 235-0023神奈川県横浜市磯子区森3-3-17森町共同ビル602へ移転中です。